許して、赦す:自己治癒力快復道場

自己治癒力快復道場で修行しているノンです

私は人と話すのが好きです。

自分の話をするのも好きですし、相手のことを知るのも好きです。

わりと誰とでも話ができます。

なので人が集まる空間にいるのは楽しいです。

ただディズニーランドなど、乗り物での

長ーい行列に並ぶのは苦手です。(並ばないタイプ)

けれど、その人の、その行為が目についたり、ざわついたりすることがあるんです。

多様性と最近よく言われていて、

個性があるのは当たり前、みんな違って当たり前だとはいうものの、

私には好き嫌いがはっきりしている部分があって、

価値観が異なる人の振る舞いを受け入れようとするとき、やはり胸が痛む感覚があるんです。

でもそれだと、生きづらいですよね。

好みとかではなく、

「これはしてはいけないこと」のような、

自分にどんな頑なな決め事があるのでしょうか。

そんな自分に触れていった時に、

認め、許し、ゆるゆる生きたいと感じました。

でも、許しているはずなのに、まだザワザワとする・・・

ではその「ゆるす」って、何でしょう。

「ゆるす」は、幾つもありました。その中の2つを抜粋すると、

・赦す:罪を認めない、義務を免除する

・許す:認める、相手の要求を「不都合ではない」と許可すること

私はどうだったのかというと、

許し(認める)てはいたものの、赦して(過ちを責めない)いなかったんです。

許せない人を赦すことは

赦せないと決めている自分を許すこと

そんな繰り返しで、自分の頑なだった決め事も

握りしめておく必要がなくなり、

手放せるようになっていく。

そして、この「ゆるす」には、

他の意味がありました。

・赦す:「緩ます」・・緊張をとく、態度を緩和する

・許す:「気を許す」・・警戒を緩めて打ち解ける

これはカラダとも連動していると思います。

何度考えても、響かない私のために、

外側の状態を変えていくところからはじめるのが近道。

頑なな自分を手放して、

ただただ心穏やかに、その起きている事実を

受け止める。

相手のことを気にしたり、自分を責めたり、

そんな必要は無くなりますね。

「どうであってもいい」生き方をしていきたいと思います。

赦し、許していくことで、カラダも緩んでいく

カラダを緩めることで、物事を赦し、許していくことができる。

こころもカラダもととのえていきましょう♪

許して、赦す:自己治癒力快復道場