自己治療力UP 師範代の秘密道具

自己治療力UP 師範代の秘密道具

カムラック(噛楽)

世界で唯一、「あご」で合わせるマウスピース。噛み合せ矯正で得られることは数知れず! 特に上半身の血流、神経の圧迫、呼吸、唾液の改善には驚くべき効果を発揮します。


あらゆる病気・症状の回復・軽減・予防に・超美肌効果・小顔・整顔・若返り効果・リフトアップ等・ダイエット補助・集中力UP・呼吸改善・頚椎の圧迫軽減・ 各種アレルギー・不妊症・神経系・血流系の症状改善・その他、様々な効果が期待出来ます!


自己治療力快復道場
自己治療力快復道場
顎

30年以上噛み合せを専門に研究してきた歯医者さんが、
試行錯誤の末に作り上げた特殊なマウスピース。

左右対称にコメカミを動かす

当道場では特殊なマウスピース(カムラック)を噛み、左右対称にコメカミを動かす方法を推奨しています。従来の「歯」だけで合わせるマウスピースではなく、「あご」で正しい噛み合わせを作る全く新しいマウスピースです。しかも歯形をとってオーダーしなくても、歯がある人にはほぼ万人が使えるよう設計されています(入れ歯の上からでも可能)。

噛み合わせの重要さ

唾液を出させること、軌道を確保し呼吸をより深くさせること、コメカミを動かして脳に血液を送り込み、脳内血液循環を促すことが目的です。柔らかいのもばかりで固いものを食べない、姿勢が悪く前傾になりがちな現代人は、殆どの人がコメカミを正常に動かせていません。

よく噛んで食べる

コメカミは脳に血液を送るポンプの役割をしています。「よく噛んで食べると頭が良くなる」とか「あごをよく動かすとボケ防止になる」という言葉は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。奥歯でティッシュを噛んで前屈をすると通常よりよく曲がるとか、重たいものを持ちやすくなるとか、も同様です。プロ野球選手がガムを噛むのは「集中力の持続」、「瞬発力UP」等のためです。

米噛み
踏ん張る力

コメカミは「米噛み」から由来した言葉で、読んで字の如く「奥歯で玄米や生米といったカタイ米を噛む」ところからきています。日本では古来から出産の力む際に手ぬぐいをしぼって奥歯に噛ませ、踏ん張る力をUPさせていました。

長く息をする→長生き

前後左右、あごのズレを正すことで驚くほど呼吸が楽に、また深く出来るようになります。人間は24時間、休まずに呼吸をしていますが、これが深いか浅いかで健康にどれだけの差が出るのかは明白でしょう。綾小路きみまろさん曰く、「おじいちゃん、おばあちゃん、長生きして下さいね。長く息をするから長生きできるんですよ。」なるほど、流石です。世界中、あらゆるスポーツや健康法の中で「呼吸が重要」と言われていることも周知の事実です。


食道ガンの元

パンやクッキー等、パサパサしたものを飲み物無しで食べられない人、食事時に水やお茶が必要という人は、唾液がきちんと分泌されていないと思われます。また、食道の粘膜を唾液に含まれるムチンという物質でカバーできないため、食道ガンの原因になります。

とんでもない、事実。

唾液は消化酵素だけでなく、殺菌・抗菌作用、緩衝作用、成長ホルモン、細菌・ウイルス等に対する抗体等を含む「無料で完全ナチュラルな万能薬」です。昔から「ツバをつけておけば治る」とか言いますよね、ほとんどの動物は必ずといっていいほど傷口を舐めて治しています。

西洋医学でも気付いているハズなのに・・・

精神科の医者が鬱病患者に「ガムを噛め」と言うのは上記のことからでしょう。でもあごの噛み合わせがズレたままより、正してから噛んだほうが明らかに効率が良いと考えます。しかもカムラックは筋肉(咀嚼筋)の硬さで設計されており、コメカミを動かすのに最適な硬さです。

呼吸

道場長自身は常にカムラックを携帯し、PC・読書やストレッチ、疲れたとき、
細かい作業のとき、頑張るぞ!というタイミングなどでいつも噛んでいます。

噛み合せを正すことで得られる3大メリット
壱 血液循環の向上
顎関節が正常に稼動するため、脳に血液を送るポンプの役割であるコメカミが動き、脳への血流が良くなります。
弍 呼吸の改善
あごの位置を正しく保つことで気道が正常な位置へ戻され、深く呼吸ができるようになります。
参 唾液の分泌
噛み合わせを合わせることで唾液腺の周りの筋肉を緩め、詰まっていた唾液の分泌が良くなります。
目から鱗
ほとんどの病気や症状を改善または予防できることは容易に想像が出来ます。
血液、呼吸、唾液が改善されると、とにかく・・・

血液、呼吸、唾液が改善されると、とにかく良いことだらけ!

逆に血液循環が悪いと
体が冷えやすい
肌に皺ができやすく老けて見える
肌が荒れる
髪の毛が細くなって抜けやすくなる
太りやすくなる
疲れやすくなる
病気になりやすい
その他あらゆる病にかかりやすい・・など悪いことだらけですね。

血液循環が良くなると
体温が上昇し、冷えなくなる
肌がきれいになる
若々しく見える
抜け毛が減る(人によって違いますが、増える人さえいるでしょう)
ダイエットできる・・とは言いませんが、ダイエットを助けることは確かでしょう
疲れにくくなる
病気にかかりにくくなる

血液循環を良くするだけで治ってしまう病気もたくさんあるのではないかと考えられる程です。

呼吸が改善されると
こちらも言うまでもありませんが、新鮮な空気をたくさん体内に取り入れることでたくさんのメリットがあります。
世界中、あらゆる健康法の中で「呼吸が最も大切」と言われていることは周知の事実です。
あえてここではメリットは省略しますが、殆どの日本人が「ちゃんと呼吸出来ていない症候群」に当てはまります。

唾液が正常に分泌されると
昔から「ヨダレが良く出る赤ちゃんは元気」と言われているように、唾液がちゃんと出ている人は病気になりにくいのです。
昔から「傷なんかツバを付けておけば治る」といわれるのは、こういった様々な成分が実際に傷の回復促進に役立つことを昔の人たちは経験上分かっていたのだと思います。
陸上動物の殆どが傷をした際、傷口を舐めることで治癒をさせています。
殺菌、抗菌、抗ウィルス、緩衝作用、成長ホルモン、消化酵素など、体に必要な成分だらけです。
完全無害で無料、ナチュラルの万能薬が自らの体内から出ているというのに、使わないのは勿体無くありませんか?

≪下記の唾液の成分が体内に取り込まれます。≫


<緩衝作用系>
重炭酸塩
外部からの衝撃を和らげ、一定の状態に保つ働きをします。

酸性、アルカリ性に偏らないよう、pHをほぼ一定に保つ作用です。

<殺菌・抗菌作用系>
アグルチニン
ある種の細菌などに含まれる血球を凝集させる糖タンパク質

ディフェンシン
病原体への防御で重要な役割を果たします。
バクテリアなどの異物を不活性化します。

リゾチーム
リゾチームは、抗炎症作用や溶菌作用がある消炎酵素剤として作られている位です。人工消炎酵素剤には副作用がありますが、唾液リゾチームには副作用はありえません。

ラクトフェリン
お母さんの初乳(最初に出る母乳)に特に多く含まれていることで有名です。ラクトフェリンは抗酸化作用、抗炎症作用、免疫調整作用があることがわかっています。

ペルオキシダーゼ
人の体の中に存在する、とても大切な抗酸化酵素。母乳や血液中にも含まれ、体が酸化し(錆びて)病気や老化することを防ぎます。発ガン性物質を減弱させます。

ムチン
いわゆるネバネバ成分で、食物を食べやすくすると同時に、消化粘膜を保護しています。乾燥に弱い粘膜のバリアのようなものです。

スタテチン
カルシウムと結合して作用し、歯を強化します。

ガスチン
亜鉛と結合して作用し、味覚の働きを敏感にします。

パロチン
日本人が発見した成分で、「一種の若返りホルモン」として当時とても注目されました。
現在「ホルモン」としては否定されていますが、骨や皮膚、目などの働きをよくし、老化防止に役立つようです。
パロチン類似成分がローヤルゼリーに多く含まれていることも有名です。

<成長ホルモン系>
IGF-1
成長ホルモンとして直接働く成分です。

全身の脂肪を減らす
筋肉を増加させる
骨密度をあげる
コレステロール関連値の改善
LDL(悪性)コレステロールの減少
HDL(良性)コレステロールの増加
運動能力の上昇
心機能向上
腎臓血流量の改善
皮膚の厚さと弾力の向上
傷の治りを早くする
免疫力向上

<抗体系>
体内に侵入してきた細菌・ウイルスなどの微生物や、微生物に感染した細胞を抗原として認識して結合する。
抗体が抗原へ結合すると、その抗原と抗体の複合体を白血球やマクロファージといった食細胞が認識・貪食して体内から除去するように働いたり、
リンパ球などの免疫細胞が結合して免疫反応を引き起こしたりする。

免疫グロブリンIgA
免疫グロブリンIgG
免疫グロブリンIgM

自己治癒